規約

第1条 名称
 本会は正親PTAと称え、事務所を正親小学校内に置く。
第2条 目的
 本会は児童の福祉を増進するため、会員が協力して学校教育を促進し、家庭並びに地域社会の教育環境をよくし、会員の親睦教養を図ることを目的とする。
第3条 性格
 本会は前条を本旨とする民主的な教育関係団体であって、政党や宗教等の活動には関係しない。
第4条 事業
 本会は前条の目的を達成するため、諸種の事業を行う。
第5条 会員
 本会の会員は、正会員と賛助会員及び名誉会員とする。
 一、正会員は本校に在籍する児童の父母(父母のないときはその保護者)と学校長、教職員とする。
 二、賛助会員は正会員以外の有志とし、本会の趣旨に賛同する者とする。
 三、前項会員は所定の会費を納めるものとする。但し特別の事情ある正会員に限り、運営委員会に諮り会費の免除、減額をすることができる。
 四、会員はすべて平等の権利と義務を持っている。但し賛助会員は役員にならない。
 五、本会に対し特別の功労があったものを、運営委員会に諮り名誉会員とする。
第6条 役員
 一、役員の種類
  会長   1名
  副会長  若干名
  事務局長 1名
  庶務   若干名(内教職員1名)
  会計   2名(内教職員1名)
  理事   若干名
  会計監査 2名
 二、役員の任務
 会長 本会の代表者であって会務を統括し、総会、役員会、運営委員会、各種委員会を招集し、総会の議決事項を執行する。
 副会長 会長を補佐し、会長事故ある時はその代行をする。
 事務局長 会長を補佐し、本会の庶務・会計を統括する。
 庶務 本会の会議の議事を記録保管し、一切の庶務事項を処理する。
 会計 会計事務をとり、総会に報告する。会員の要求がある時は会計簿を閲覧に供する。
 理事 本会活動の企画推進、ならびに各委員会の運営支援にあたる。土曜塾活動、特別支援教育の推進、はぐくみ委員(京都市小学校PTA連絡協議会はぐくみ委員会委員)、おやじの会活動、家庭教育学級など、時宜に応じた活動を分担する。
 会計監査 随時、会務を監査する。年度末決算終了後、会計の監査を行い、その結果を第1回総会に報告する。
 三、役員の任期
  1、任期は1カ年(会計年度と同じ)とし、再選を妨げない。
  2、補欠役員の任期は前任者の残存期間とする。
  3、次期役員が就任するまでは前任者が代行する。
 四、役員の選出
  毎年3月、正会員中より選出する。選出の方法は別に定める。
第7条 委員及び委員会
 一、委員任期及び委員の選出・任務
  1、委員は会長の委嘱による。(選出の方法は別に定める)
  2、委員の任期は1カ年とする。
  3、委員会(運営委員会を除く)の正副委員長は委員の互選による。委員長は各委員会を代表する。副委員長は委員長を補佐し、委員長事故ある時はこれを代行する。
 二、委員会の種類及び構成
  1、運営委員会は運営委員(役員、各委員長、学校長、教頭、副教頭とする)により構成する。必要に応じ教職員、副委員長、学年代表、班長を加えることができる。
  2、ベルマーク・学校充実委員会、文化委員会、保健委員会、各委員会は、学級委員と教職員で分担構成する。
  3、地域補導委員会委員は町別に2名、教職員2名により構成する。会務の円滑なる運営を図るため通学区域を6班に区分し、班長(ブロック長)を置くことができる。
 三、委員会の任務
  1、運営委員会
   イ、本会運営についての企画及び各種委員会により立案された行事計画を審議検討する。
   ロ、年度予算を作り、会費の徴収並びに健全な財務の運営を図る。総会に提出する議案及び報告書を作成する。
   ハ、緊急やむを得ぬ事項を処理する場合には、次期総会において承認を求める。
   ニ、その他、会務の円滑なる運営を図る。
  2、ベルマーク・学校充実委員会 その時々の課題に応じて、学校での子どもの学習活動充実について企画・運営する。ベルマーク収集を推進する。
  3、文化委員会 会員相互の文化活動及び教養を高める活動を推進する。
  4、保健委員会 会員の保健体育に関する活動を進め、学校給食の改善向上のための事項を協議し、会員の理解と協力を図る。
  5、地域補導委員会 会員の増加を図り、経費の徴収にあたると共に、児童の校外生活の補導育成に協力する。
  6、特別委員会 運営委員会より委嘱された特別の事業を行う。但し終了すると共に解散する。
第8条 顧問
 一、会長必要ある時は運営委員会に諮り、会員中より顧問を推挙することができる。
 二、顧問の任期はその年度間とし、会長の諮問に応じ、また進んで意見を開陳するものとする。
第9条 総会
 一、定期総会は、年2回開く。
 二、定期総会は本会の最高機関であって、予算決算、会務の報告、事業及び会計の承認を求める。また事業その他、重要事項を審議決定する。
 三、総会の定足数は、会員の7分の1とする(委任状を認む)。
 四、総会を開くには3日前に議事の内容を明示して、全会員に通知する。
 五、議長はその都度、会員より選出し、公平公正な議事に努める。
 六、総会の議決は、出席者の過半数による。但し、可否同数のときは議長がこれを決定する。
 七、臨時総会は、会長必要と認めた時、また会員の10分の1以上の要求がある時、定期総会に準じ開く。
第10条 会計
 一、本会の経費は、会費その他の収入によって支弁する。
 二、正会員の会費は、1口 250円とする。
 三、会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
 四、賛助会員の会費は、1口 1000円とする。
第11条 規約の改正
 規約は総会で、出席者の3分の2以上の賛成によって改正することができる。改正の結果は全会員に通知しなければならない。
第12条 リコール制
 役員及び委員に不適格者がある時は、過半数の会員によりリコールすることができる。
附則
1 班の区分は、別表による。
2 本会則は、平成元年5月23日改正
      平成19年5月25日改正


別則 役員及び委員 選出規定
第1条 本規定の目的
 正親PTA規約に定める役員及び委員の選出は、この規定により行う。
第2条 選挙管理委員会
 1 構成
  イ、会長は、次期役員選出のため、第1回各委員会において各1名(運営委員会2名)の選挙管理委員を選出、選挙管理委員会を構成する。
  ロ、選挙管理委員会は、互選により委員長(1名)、副委員長(2名)を選出する。
 2 運営
  イ、選挙管理委員会の議決は、出席者の過半数の賛成を得て成立する。
  ロ、選挙管理委員長は、2月に選挙管理委員会を招集する。
  ハ、全正会員中より次期役員に立候補する者を、2月10日までに選挙管理委員会に申し出るように手続きをとる。
  ニ、選挙管理委員会は2月20日までに、会員より推薦候補者を諮問する。
  ホ、選挙管理委員長は、次期役員選考の結果を会長に報告する。
  へ、選挙管理委員長は、会長、副会長、会計、庶務、理事の決定結果を、当選者の了承を得たのち、会員に報告する。
  ト、期末総会の場で会員の承認を得る。
第3条 学級委員の選出
 学級委員は毎年4月、学級保護者の推薦により各学級3人を選出し学級代表を決める。
第4条 ベルマーク学校充実、文化、保健体育の各委員
 第1回学級委員会で、各学級3名が、各1名分担する。
第5条 地域補導委員の選出
 各町別で、2名を選出する。
附則
 本規定に定めていない事項は、会長が選挙管理委員と協議し、誠意をもって善処する。(補欠役員の選出等)


別表  通学区域ブロック区分町名
一 1新在家町 2智恵光院前之町 3昭和町 4新白水丸町 5新白水丸東町 37多門町
二 6山里町 7長谷町 8須浜町 9須浜中町 10須浜池町 11高台院町 12亀木町 38下山里町
三 13 新頭町 14山王町 15上長者町 16革堂前之町 17西富仲町 18鶴屋町
四 19菱丸町 20加賀屋町 21田丸町 22丹波屋町 23東西俵屋本町 24亀屋町
五 25千本京極町26西陣京極町 27東西俵屋町 28西仲筋町北 29西仲筋町南 30北伊勢殿構町
六 31東西俵屋町北 32福本町 33革堂内町 34泰童町 35伊勢殿構町 36笹屋町2丁目


「未来の正親の子どもたちの教育環境を考える委員会」(略称:正親未来委員会)設置規程
平成20年10月3日 運営委員会で提案、承認

 (設置根拠)正親PTA規約7条3の6の規定(特別委員会=運営委員会に委嘱された特別の事業を行う)に基づく。
 (事業)正親校教育や校区の現状、教育改革の流れを踏まえ、地域の子どもたちの未来にとって、よりよい学校設置の在り方や教育環境の整備の在り方を調査研究し、運営委員会に提言する。PTAは委員会の提言を踏まえ、学校や地域、行政への働きかけを行う。なお、調査研究に際して特別委員会は、保護者や学校、地域、行政機関へのヒヤリングを積極的に行い、途中経過を適宜、運営委員会に報告する。
 (委員)PTA会長・副会長、PTA会長・副会長経験者等のうち、会長の指名を受けた者学校側運営委員はオブザーバーとして参加し、委員会の庶務を行う。



平成26年3月7日以下承認改正(平成31年3月李記)
別則 役員及び委員 選出規定
第2条 役員推薦委員会
 1、構成
  イ、会長は、次期役員選出のため、役員推薦委員会の構成員を選出する任を負う。
  ロ、役員推薦委員会は、互い選により委員長1名、副委員長1〜2名を選出する。
 2、運営
  イ、役員推薦委員会は、次年度本部役員の適任者について協議・検討し、会長に報告する。会長の許可を得たのち、該当者への推薦通知、役員の任を依頼する。
  ロ、役員の推薦、通知は12月以降からできることとし、役員推薦委員会はそれ以前に開催することとする。
  ハ、役員に選出された者は、期末総会において会員の承認を得る。
以上。




平成31年3月1日以下承認改正(平成31年3月李記)
第10条 会計
 二、正会員の会費は、一世帯500円とし、生活保護世帯については免除するものとする。
以上。


バックナンバー