左京南支部PTA指導者研修会 12/5

 
12月5日(木) 10:00〜
修学院第二小学校ふれあいサロンにて
左京南支部PTA指導者研修会に参加しました。
 
京都市教育委員会生徒指導課の竹田敏宏氏を講師に迎え、
「子どもとネットとの関わりの現状と適切なつきあい方をさせるために」
をテーマに講演していただきました。
 
「ネット」「スマホ」のメリットとデメリットや「LINE」トラブルについてを聞き、時に小グループに分かれてカードを利用しながら話し合いました。
 
課題を排除するのではなく、課題を乗り越える力の育成が必要であり、
子どもたちに失敗させないためには以下のことを注意することが大事とのことでした。
@ネット社会の現状を正しく認識する
Aネットの特殊性や危険性を正しく認識する
B児童,生徒及び我が子への効果的な啓発を行う
 
今回は、親である私の知らないネット事情が盛りだくさんで、少しばかり怖さも感じました。しかも日々進化しているとのこと。
初代スマートフォンが発売されたのが2007年、今の小学生のほとんどがスマホが身近にある社会で育ってきたわけです。便利になる一方、犯罪も増えていく現状にどう対応したらいいのか親として本当に悩みます。ですが、今回の講演を聞き、少し不安が解消されたように思います。
 
講演では最後に“どんなにネットが進化したとしても子どもは家庭に拠り所を持っている”としめくくられました。

 
【子育て四訓】
乳児はしっかり肌を離すな!
幼児は肌を離せ手を離すな!
少年は手を離せ目を離すな!
青年は目を離せ心を離すな!



バックナンバー