京都市地域生徒指導連合会研修会 2/10

 
令和2年2月10日(月)午後6時55分〜8時
京都市総合教育センター4階にて、
京都市第二児童相談所長、飯田 正明さんによる講義、
「児童虐待の現状について」に参加してきました。

児童虐待とは、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の4つからなり
子どもからみてどうであるか、が判断基準となる。という所長の言葉にハッとさせられました。
令和2年4月から改正児童虐待防止法施行となり、しつけのための体罰禁止になるそうです。
疲れているときや自分に余裕がないとき、
自分にも覚えがあることがたくさんありました。

今回の研修会を通じて得た知識をまたいろんな場所で活用し、被害児童を増やさない、親に寄り添う、
講義の最後に言われた
SDGsの理念「誰ひとり取り残さない」を具現化する。
に少しでも近づけるようにできることからはじめたいです。



バックナンバー